映画 ドラマ情報

チューもく!! 日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞した『百円の恋』 にチュ~もくだ!

4月は若手実力派女優No.1の安藤サクラにチュ~もく!
映画各賞を受賞した『百円の恋』が第39回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞 のW受賞!!
人生の一発逆転を目指してボクシングにのめり込むヒロインの姿は勇気が出る事間違いなし!

何と驚くのは、ぜい肉がはみ出るブヨブヨの体から、ボクシングの試合に出るまでの引き締まった体にたった10日間で肉体改造した事。これが本当のプロってもん百円の恋_タテだぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『百円の恋[R15+]』                                  (c)2014 東映ビデオ
2016年3月8日 | カテゴリー: 映画 ドラマ情報
かめぽん

ぽっちゃり顔の元祖ヒーロー。こどもの頃に憧れた 忍者部隊月光@水木襄

忍者部隊月光はかめぽんにとっての特撮ヒーロー第一号。実は持っていたのです、あのヘルメット。背中に玩具の刀を背負い、近所の子たちと月光ごっこ…懐かしいなあ。かめぽんは紅一点の三日月役。といっても、隣の家の兄弟とたった三人の忍者部隊だったけど。
水木襄さん、いまみると丸顔の二枚目。最近にはないタイプだ。昔は裕次郎さんや、勝新さんなども丸顔の二枚目だった。顎のラインがゆるっとして、二重顎っぽいのにハンサム(笑)
今回、コラムを書くに当たって、映画版を初視聴。キリヤマ隊長(中山昭二さん)がリーダーだったり、渡辺宙明先生が主題歌をお書きになっていたりと、なかなか特撮ファンにはぐっとくるラインナップ。若き日の八名信夫さんや小林稔侍さんの出演シーンも見逃さないで。

今月の東映チャンネルは忍者部隊月光の他、「一挙放送!月光仮面スペシャル」や「昭和ライダーシリーズ放送開始記念【昭和ライダー第1話一挙放送!】」、「仮面ライダースペシャル」など新旧ヒーローものが大集結。話題の「仮面ライダー1号」も今月26日から劇場公開されるから、その前にライダーシリーズをお復習いできるぞ。かめぽん的には「名作アニメスペシャル」も要チェック。「少年猿飛佐助」や「わんぱく王子の大蛇退治」など、いま観ても感動ものの素晴らしさ。

ああ、今月もわくわくする〜

 

 

201603

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月19日(土)20:30-22:00、23日(水)13:30-15:00、27日(日)19:30-21:00

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

 

2016年3月1日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

いつの日にも土方さまは憧れ…惚れ惚れするほどカッコいい。 元祖、土方歳三@栗塚旭

土方歳三=栗塚旭さんと刷り込まれたのは幼い頃。母が土方最期の地でもある函館出身で、大の新選組ファン。「新選組血風録」や「燃えよ剣」を一緒に観ていたのだろう。物心ついたときには栗塚さん=土方歳三と刷り込まれていた。初恋は「焼津の半次」、セカンドラブが「土方歳三」(笑)。なので、その後、どの新選組ものを観ても、土方を栗塚さん(演じる土方)と比較して観ていたように思える。刷り込みって、すごいな(苦笑)
男性は坂本龍馬や高杉晋作にシンパシーを覚えるようだが、わたしの周りの女性はひたすら新選組LOVEだった。思春期に読んだ新選組関連の書籍や漫画は、いまも深く心に刻まれている。ああ、滅び行くものたちの、なんと美しいことか。同級生と新選組の漫画や小説を書いたあの頃が懐かしい(←いや、いまだにそんなことしてますけど)
何年か前の大河ドラマで、土方の兄を栗塚さん、沖田総司の亡くなるときに滞在していた植木屋のご主人を島田順司さんが演じていたが、どっぷり「燃えよ剣」好きのわたしには感涙もののキャスティングであった。

今月の東映チャンネルは没後20年メモリアル【司馬遼太郎の世界】と題して5作品を放映。忍者の世界を堪能できる「忍者秘帖 梟の城」、「風の武士」。近藤勇を中心に描いた「新選組血風録 近藤勇」。そして、我が旭さまの土方歳三が楽しめる「新選組血風録(1965)」と「燃えよ剣」(ともに初回と最終回の26話を放映)。司馬先生の描く、ロマンティックな土方歳三をご堪能あれ(原作本を読むと2度美味しい)

ああ、今月もわくわくする〜

201602

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新選組血風録(1965) #1、26
2月9日(火)11:00-12:00、9日(火)12:00-13:00、16日(火)20:00-21:00、16日(火)21:00-22:00

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

 

2016年2月2日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

今年は真田イヤー。女性にも人気の真田幸村をチェック

あけましておめでとうございます。東映チャンネル&かめぽんを本年もよろしくお願いいたします。

「柳生一族の陰謀」で東映時代劇が復活し、錦之介、松方コンビで時代は遡り戦国へ。「真田幸村の謀略」は幸村役の松方さん、家康役の錦之介さんが対峙するドラマ。陰謀と謀略、ちょっとややこしい(^_^;;;)。「柳生一族の陰謀」に比べ本作の作りはアナーキー、なんでもありな感じ。真田十勇士を紹介する場面では、役者さんの顔が横尾忠則さんのイラストになったり、70年代の雰囲気がプンプン。そう、70年代の映画もTVも、現在に比べると何でもありだったよな。(男性に対しての)サービスショットもたくさんあったし。今ならあちこちから苦情が来そうな場面や展開も、この時代は許された。うん、いい時代だったかも。
千恵蔵御大が真田昌幸を渋く演じ、脇も東映でお馴染みの味のある方々が勢揃い。金子信雄さんの林羅山や成田三樹夫さんの後藤又兵衛なんてかめぽんにはたまらないキャスティング。あ、この方がこんな役と作中で探し出すのも楽しい。

今月の東映チャンネルは「『真田丸』放送記念【戦国武将 真田幸村】」と題し、真田幸村の映画を特集。「真田幸村の謀略」に加え、中村錦之助主演の一風変わった真田映画(なんとミュージカル仕立て)「真田風雲録」、若き日の里見浩太郎さん主演の特撮映画風「忍術真田城」「忍術大阪城」の4本を上映。どの作品も正当派時代劇とはちょっと趣が違うものばかり。大河ドラマ共々、真田ワールドを楽しもう。

ああ、今月もわくわくする〜

201601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[放送作品]
『真田幸村の謀略』  『真田風雲録』  『忍術真田城』  『忍術大阪城』

※連日放送!  1月4日(月)-7日(木)11:00 1月16日(土)-19日(火)20:00

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

2016年1月1日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

今年もあとわずか!師走といえばこれ。年の名残に忠臣蔵で熱くなろう。赤穂城断絶

師走になったら忠臣蔵を観なくては年が明けないかめぽん。できれば、吉良は憎々しく(史実ではよい領主さまだったらしいが)、こんなやつ、討ち取ってしまえ!と思える作品が大好物。本作は金子信雄さんが吉良を演じているのだが、口をとんがらせて浅野内匠頭への暴言を吐く場面など、思わず笑みが浮かんでしまう。山守組長は数々の危機から逃げおおせたが、吉良はそうはいかんのよ、なんて、いつのまにか他の役と混同していたりして(^_^;;;)
本作は、かめぽんにはぐっとくる人がもうざっくざっくご出演。内匠頭を押しとどめるのは天津敏さんだし、評定の場に並ぶのは成田三樹夫さんに松方弘樹さんで…赤穂でも、追い腹する汐路章さんや、内蔵助の腹心に遠藤辰夫さんやら加藤嘉さんやら、数分に一人、渋い役者さんが出てくる。え、某実録やくざ映画のキャスティングみたいだって?いいんです、元禄時代版の抗争劇なんですから。ともかく、本作は明確に「吉良の首を取る」という大義のもと、突っ走るのだ。その中に橋本平左衛門と妻の悲劇も織り込まれ、討ち入り時の高張提灯で最高潮。かめぽん、個人的に土屋主税邸からの提灯エピソードが大好きで、これが入っていないとちょっと不機嫌。本作は三船御大の素敵な土屋さまもおがめるという、福眼つき。幸せだわ〜

今月は忠臣蔵作品の大特集。オーソドックスな作品群からは市川右太衛門主演「赤穂浪士」と本作が。また、忠臣蔵の外伝として杉野十平次と講談でお馴染みの槍の名人・俵星玄蕃との友情を描く「血槍無双」、神崎与五郎視点で討ち入りを描く「譽れの陣太鼓」。そして、若き錦之介(当時は中村錦之助)が早野勘平を演じ、お軽の悲恋を描いた「悲恋おかる勘平」の5本立て。貫禄十分な大石の錦ちゃんと、初々しい勘平の錦ちゃん…どちらも素敵だ(ちなみに「赤穂浪士」では小山田庄左衛門役)

ああ、今月もわくわくする〜

201512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月4日(金)19:00-22:00、15日(火)12:00-15:00

2015年12月1日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

あらためて二人の男の生き様を目に焼き付け、偲ぼう 一周忌メモリアル特別企画で高倉健×菅原文太の共演全12作品一挙放送

昨年の11月10日に健さんが、28日に文太さんが亡くなって、はや1年…東映の2大スターが同じ時期に相次いで亡くなったのに驚きと悲しみを感じた。ああ、また、昭和が遠くなってしまったと。
3月に萬屋錦之介さん、6月に勝新太郎さん、12月に三船敏郎さんが亡くなった1997年のことを思い出した。なんだろう、不思議なものを感じる。同じ時期にスターだった方が、同じ年に亡くなるなんてね。
今月はどっぷりとお二人のことを想い、偲ぼう。それぞれに、好きな作品、好きなキャラクターがいるはず。かめぽんは文太さんなら立ち姿がめっちゃ格好良かった「木枯らし紋次郎」か「仁義なき戦い」、健さんなら「新幹線大爆破」か「動乱」かな。
映画ってすごい。亡くなった方が、スクリーンの中では生き続ける。健さんも、文太さんも、作品の中では永遠の命なんだ。

今月は「一周忌メモリアル特別企画」として健さん、文太さんの共演作を12本放映。文太さんが東映移籍後初出演した網走番外地シリーズ10作目「網走番外地 吹雪の斗争」や、いま、なにかと話題の「山口組三代目」、藤純子さん引退記念作品「関東緋桜一家」など任侠物、アクション物、戦争物などさまざまなジャンルの作品が楽しめる。

ああ、今月もわくわくする〜

201511

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

2015年11月1日 | カテゴリー: かめぽん