かめぽん

チューもく!! 師走は時代劇を楽しもう。 やっぱり、忠臣蔵で年越しだね

かめぽんにとって師走は忠臣蔵。東映チャンネルでももちろん特集。「赤穂城断絶」やオールスターキャストの「赤穂浪士」、マニアックな「赤穂義士」が放映。
そして、20周年スペシャルでは、かめぽん一押しの「十三人の刺客」が。何度観ても本当にいい。週末、ゆっくりと本作を堪能しながら、師走の慌ただしさをちょこっと忘れたい。ああ、本当にまた狂気の管貫太郎さん演じるお殿様が観られるなんて。その殿様に息子夫婦を殺された月形さんの静かな怒りが胸にじわじわくる。
夢でござる〜の「柳生一族の陰謀」に、高画質になった「仁義なき戦い」と「新幹線大爆破」、極妻にあぶ刑事(でか)など東映の変遷も楽しめる。これぞ、東映作品という数々をお楽しみあれ。
十三人の刺客

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月も20周年記念特集他にも、ドラゴンボール特集やスーパーヒーローCLIMAX、先月からスタートのセントラル・アーツの軌跡の第二弾。また、裏特集では「東映異常性愛路線の全貌」も。まとめて放映される機会は少ないので、ぜひに。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく〜

2018年12月1日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

チューもく!! 開局20周年企画第二弾 裏特集は渋い男がたくさん

アニメ、特撮好きのかめぽんにとって、今月の表特集は大好物。その名も[みんな東映で育ったよ!こども番組クロニクル20]。かめぽんの子供時代、大好きだったのが「狼少年ケン」。子供の頃から脇役好きのかめぽんは片眼のジャックが大、大好きだった。おばあちゃんに連れて行かれた映画も、東映まんが祭り。TVも映画も、東映にどっぷりとつかっていたのだ。
仮面の忍者赤影では初めて主人公にフォーリンラブ。タイガーマスクでミスターXで柴田秀勝さんの渋い声にしびれ、マジンガーZでもアシュラ男爵が出てくるのを(声が聞きたくて)心待ちにしたっけ。
姪っ子はプリキュアに熱中し、会社の後輩はセーラームーンやワンピース世代がたくさん。世代を超えて愛されているんだなあと思う。
裏特集は[お蔵出しドラマ大放出]。天知茂さんに高城丈二さん、中野誠也さんに三国連太郎さんと渋い大人が勢揃い。また「忍びの者」は主人公は大好きな品川隆二さん@焼津の半次。半次と違って渋い、ハードボイルドな品川さんを楽しみたい。
すべての作品が1話のみしか残っていない貴重なものなので、録画しなきゃ。

201811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月は20周年記念特集他にも、新企画「始動40周年記念【セントラル・アーツの軌跡 Vol.1~始動~】」がスタート。セントラル・アーツの作品を1年に渡って放映する。
他にも特撮、アニメ、時代劇、任侠ものも盛りだくさん。秋の夜長にテレビ三昧もなかなかいいもの。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく〜

 

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

2018年11月5日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

チューもく!! 開局20周年企画スタート。 第一弾は「時代劇VS刑事ドラマ二十番勝負」

時代劇と刑事ドラマが開局記念企画の第一弾って、なんか東映ぽい。かめぽんは東映の時代劇映画全盛期を知らないので、刑事ドラマとTV時代劇がthat’s東映な感じ。中でも、特集にある「素浪人月影兵庫 第1シリーズ」が時代劇大好きのスタートだし(何度も言うが初恋は焼津の半次よ)、キーハンター〜Gメン75にはリアルタイム熱中世代。今も「相棒」や「科捜研の女」はがっつり観ているし(TV時代劇ももっと作ってください!)
今回チョイスしたのは「非情のライセンス」の天知茂さん(かめぽんは明智探偵も好きだった)。三つ揃いのスーツに襟の大きなワイシャツ、太いネクタイにトレンチコートと時代を感じさせるファッション。そして、出てくる男の人が渋い。強面な方が多数刑事を演じていらしたので、時折どっちが悪役と思ったことも多々あった。
ストーリーも今のドラマよりずっとシビア。なにせ、非情だし。そういえばキーハンターの主題歌を野際陽子さんが歌っていたが、そのタイトルが「非情のライセンス」(かめぽんのカラオケの十八番)。本作の主題歌は「昭和ブルース」。「生まれた時が悪いのか〜」と、子供ながら口ずさんでいたっけ。
201810

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今月は「時代劇VS刑事ドラマ二十番勝負」の他に20周年記念裏特集も。こちらは女性メインの「最恐ヒロイン列伝」。東映ならではのパワフルな女たちが目白押し。
「全3作一挙放送!探偵はBARにいるスペシャル」に姪っ子が大好きな「プリキュア映画カーニバル!2018秋」、「スーパーヒーロー特集」にもちろん、任侠映画に時代劇も。20周年にふさわしい豪華なラインナップ。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく〜

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

2018年10月9日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

チューもく!! バンビのような可憐な癒し系、中原ひとみ

子供の頃、ファミリーでコマーシャルに出ていた中原さんご一家。素敵なママという感じだったが、若い頃の作品を拝見したら、まあ、可愛いこと!眼がくりっとして、子鹿のバンビのよう。か、可愛すぎる。かめぽんの大好きな「一心太助」で暴れん坊の太助の可愛い奥さま役が似合っていた(9月にシリーズ5作が放映予定)。
連れ合いが「今井健二がホームドラマにでてる!」と予告を観て驚喜していた「旋風家族」にもご出演。高倉健さんや今井健二(当時は今井俊二)さん、そしてご主人である江原真二郎さんとともに中原さんや佐久間良子さんもご出演。え〜〜〜、どんな作品なんだろう?と今からワクワク。TV初放送ゆえ、見逃せない。かめぽんの連れは今から録画するぞとはりきってる。

 

201808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月は夏休み恒例の特撮特集や、「ザ・東映レジェンド Vol.10 里見浩太朗」で里見浩太朗さんを特集。里見さん、子供の頃のヒーローですよ。かめぽんオススメの「十三人の刺客」がラインナップに入っていて嬉しいなあ。時代劇では「完全放送!東映集団時代劇 Vol.1」や「新諸国物語 黄金孔雀城スペシャル」が控え、アクション映画に任侠ものも。そして、お蔵出しの「旋風家族」も楽しみ。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく〜

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

2018年8月3日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

チューもく!! 妖しい魅力の艶婦、京マチ子

こういう色気のある方は、いまはなかなかいない。完璧な美女ではないと思う。ちょっと、アンバランス。でも、そこがまた艶っぽい。他社の作品だが(というか、京マチ子さんは大映の女優さんだが)かめぽんは「華麗なる一族」とTV版「犬神家の一族」が印象的。「羅生門」や「雨月物語」はかなり大人になって観たので、青春時代に観たこの2作品が心に残っている。余談だがかめぽんの母は京マチ子さんに似ていると言われていた。確かに、アイラインの感じとかそっくりかも(^_^;)。その京マチ子さんの作品を今月の東映チャンネルで放映。それも、江戸川乱歩の黒蜥蜴!ああ、素敵。美輪明宏さんの黒蜥蜴とどう違うのか比べてみたい。

 

201807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月は女優主演の映画特集が目白押し。京マチ子さん主演の「黒蜥蜴」を含む「DEEP過ぎる江戸川乱歩特集」を放映。「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」や「盲獣」「一寸法師」などマニアックな作品が目白押し。梶芽衣子さんの「梶芽衣子の女囚さそりスペシャル」や美空ひばりさんの「ひばりの民謡の旅スペシャル」も併せて楽しんで。かめぽんはポケモンマスターを目指しているが「デジモンアドベンチャー THE MOVIE plus」でデジモンも楽しんでみたい。「仮面ライダー・スーパー戦隊特集」や「銀河鉄道999(劇場版)」を含むアニメ映画特集、アクション映画に遠山の金さん、かめぽんが好きな錦之助さんの「若き日の次郎長スペシャル」も。バラエティに富んだラインナップで暑い夏を吹き飛ばそう。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく〜

 

東映チャンネル20周年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

 

 

 

2018年7月1日 | カテゴリー: かめぽん
かめぽん

チューもく!! 東映を代表する任侠の華

いまや梨園の奥さまである富司純子さん。東映的にはお竜さんの藤純子さん。緋牡丹博徒シリーズの1作目は23歳の時と知り愕然としたっけ。あの美しさ、大人っぽさ。かめぽんの23歳の時なんて、漫画を書き殴り、アルバイトしながら投稿生活を送っていた。そう、先行きも何もわからなくて、ただぼんやりと過ごしていた気がする。そして、もっと子供ぽかったなあ。えらい差だ←大スターと比べてどうする?
以前、某社のお仕事で藤さんのイラストを描くために、初めて「緋牡丹博徒」シリーズを何本か拝見した。ただ、ただ、綺麗。当時かめぽんが一番馴染みのある藤さんは、ワイドショーの司会の時だった。その時の印象とはまったく違う、熱く、可憐で、強いお竜さんがいた。これは惚れるわ、男なら。若山富三郎さんの熊虎親分が「お竜は〜ん」と惚れ込むのもよくわかる。

 

 

201806

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月は「緋牡丹博徒 お竜参上」でめっちゃカッコいいお竜さんを堪能していただきたい。本作を含む「傑作任侠スペシャル」は必見。また「パワーレンジャースペシャル」(初めてアメリカ旅行をしたとき、あまりにもパワーレンジャーグッズが売っていて、その人気のほどにびっくりした思い出が…)やかめぽんにはどんぴしゃな「名作アニメスペシャル」(なかでも「空飛ぶゆうれい船」と「少年ジャックと魔法使い」が見たい!)、「没後40年【小説家 柴田錬三郎の世界】」など年代を超えて楽しめる作品が目白押し。

今月も、わくわくな東映チャンネルをお見逃しなく〜

 

(画伯:かめぽんプロフィール)
主人公よりも敵役やそれを支える脇役に心惹かれる。甲羅に花を背負っている
が、中身はおっさんとの噂も…ごった煮的サイト「老後の楽しみ亭」の管理人で
、日々いろいろなものに首を突っ込んでいる(たまに引っ込める)。甲羅に引き籠
もり、じ~っとしているのも好き。

 

2018年6月1日 | カテゴリー: かめぽん
1 / 1212345...10...最後 »